陽の陽はらみ

wiki

上昇相場で急騰した大陽線の次の足が陽線で大陽線にはらむ形で(図右から三番目の大陽線の始値と終値の間に陽線が入り込むこと)出現した状態を陽の陽はらみと言います。陽の陽はらみが出現した後、最後の陽線を包み込む陰線が出現したり、最後の陽線よりも安く始まった場合は売りのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 天井暗示 売りシグナル 】

上昇相場で大陽線が出現し、翌日その大陽線の実体の範囲内で小陽線をつけた状態(大陽線が小陽線をはらむ)。

投資家心理としては、上昇相場の上位において何らかの買い材料などによってさらなる買い注文が殺到し大陽線をつけます。

当然多くの投資家がこのまま上昇相場が続くものと考えていましたが、翌日陽線をつけるも大陽線の終値を越えてくることができませんでした。

これは、大陽線翌日に実体内から始まることで押し目買いを誘いますが、それよりも利益確定売りなどの売り圧力が勝ってしまったと考えられます。

さらにもともと続いていた上昇相場によって多くの買いポジションが持たれている中で、一度上昇力に懐疑的になった相場は、はらみ小陽線後安く寄りつくことで、一気に反転し売り崩されるものと考えられています。

陽の陽はらみ 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL