宵の明星

wiki

長い上昇相場で、上にマドを開けて始まり、短線で終わった足のことを言います。その際、出来高が大きいことが条件となります。宵の明星が出た次の日、陰線が出れば売りのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 天井暗示 売りシグナル 】

上昇相場で、窓を開けて上に「陽のコマ」または「陰のコマ」が出現し、翌、今度は下に窓を開けて陰線で始まった状態。明けの明星の反対。

投資家心理としては、上昇相場においての上放れによって、さらなる上昇を期待させますが、翌日下放れての陰線をつけることで、いっきに失望感が広がります。

原因としてはある程度続いていた上昇相場で、さらなる買い材料などが出るなどして上放れて寄り付いたわけですが、思ったよりも株価は伸び悩み、上放れの材料が否定、もしくはさらなる買いに値しないなどの判断から、多くの売りが集まったものと考えられます。

もともと続いていた上昇相場によって多くの買いポジションが持たれている中での星の出現によって、相場は一気に反転し売り崩されるものと考えられています。

宵の明星 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL