捨て子底

wiki

下降相場で、図左から三本目の足のように大陰線が出現し、図右から四本目の足のように窓を開けて始まり十字線で終わった形を捨て子底と言います。大きく売りが出たものの、買い圧力と売り圧力が交錯し、十字線で終わっていることから、翌日マドを上に開けて陽線が確認できれば上昇局面と判断し買いのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 底入れ暗示 買いシグナル 】

下落相場で大陰線が出現し、翌ギャップダウンして始まるが、売りと買いが交錯し、「十字線」で終わった形。

投資家心理としては、すでに下落相場が続く中、思わぬ悪材料などで大きく陰線を引きます。さらに大陰線の引け時点で消化できなかった売りが、翌ギャップダウンした形で取り引きが成立して始まります。

しかしギャップダウンして始まったものの、買いと売りが拮抗し「十字線」をつかたということは、相場の底堅さをものがたり、また、価格のバランスがとれた状態といえそうです。

ポイントは翌ギャップアップして始まり「陽線」を付ける事で、価格のバランスがとれた状態から上昇相場へと移行したことを暗示させます。

捨て子底 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL