三手大陰線

三手大陰線

wiki

下降相場で図左から二本目の足以降連続して大陰線がでている状況で、マドを開けずにタスキをかけている形を三手大黒線(三手大陰線)と言います。三本目の大陰線が出た段階で、売りの最終局面と考えられ、買いのシグナルとされます。1ヶ月以上の上昇相場になる可能性があります。
みんなの株式 より抜粋)

【 底入れ暗示 買いシグナル 】

下落相場で3本連続して大陰線が出現した状態。

投資家心理としては、比較的ゆるやかな下落相場で、調整程度と思っていた中、一つ目の大陰線で慌てて投げ売りが始まり、気が付けば3日連続で大きな陰線をひくことに。

株価はファンダメンタルズ的にも安値圏に入り、やがて買い戻され反発を予見します。

三手大陰線銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL