三空踏み上げ

wiki

上昇相場で、図のように三連続でマドを上に開けて四本連続で陽線が出現した形を三空叩き込みと言います。急騰していることから、市場が熱くなり買い方が増大することで出現すると言われています。市場の加熱が一段落した後は反発し下落に転じることから翌日陰線を確認できたら売りのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 天井暗示 売りシグナル 】

上昇相場において、3連続で上窓を開けて陽線が4つ並んだ状態を、「三空踏み上げ」といいます。

投資家心理としては、想像以上の買い材料などから寄付きで買い注文を殺到させています。また、すでに利食った投資家などの買い直し、または逆日歩や含み損を恐れた売りポジションの投機筋などの買戻しも加わり、3つの上窓を開けた状態です。

4つ目の陽線までくると、相場は急激な上昇からかなりの加熱気味となっていて、反転し始めると一気に反発し急落しやすい状況であるといえます。

基本的には2つ目の窓開けで買いを控え、3つ目の窓を確認したら利食い、4つ目の陽線の翌日陰線をつければ、売りシグナルとされています。

三空踏み上げ 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL