下げ三法

wiki

下降相場の一時的な戻しの形で、図左から三本目の足のように安値で大陰線が出現し、その後三本の陽線を大陰線がはらむ形で(図左から三番目の大陰線の始値と終値の間に三本の陽線が入り込むこと)出現し、再び大陰線で、図左から三本目の足より安く終わった形を下げ三法と言います。陽線の三本目が大陽線を上回る買いのシグナルとなるので注意する必要があります。
みんなの株式 より抜粋)

【 天井後の売り抜け 売りシグナル 】

下落相場に大陰線が出現したあと、連続して陽線が3本出現。さらに翌日大陰線が出現し、一気に3本の陽線を下抜いて終わる一連の足組みを、「下げ三法」といいます。

投資家心理としては、下落相場の大陰線出現後、3本の陽線によって下値不安が若干薄れ、反発を期待します。

しかし3本の陽線は前日の大陰線の上値を超えることなく、翌日大陰線を引いてしまうことで、相場は絶望感に包まれ売りを強めていきます。

この足組みのポイントは、出現前の大陰線に3本の陽線がはらまれて終わっていることで、上値が非常に重く、相場に依然として売り圧力が存在していることを暗示しています。

最後の投げ売りによる大陰線を誘う結果になった点からも売りシグナルとされています。

下げ三法 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL