連続タスキ(下落)

wiki

図一番左の足から連続してマドを開けることなく陰線が続き、且つ前の足の始値と終値の間で始まり、終値は前の足の終値よりも安く終わっているものを連続タスキ(下げ)と言います。連続タスキの後、陽線で、タスキが出現したら、一時の戻しで再度下落すると考えられ、売りのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 天井後の売り抜け 売りシグナル 】

投資家心理としては、連続して陰線(前日陰線の実体内から始まる陰線)が出るような下落相場において、タスキの出現は一部投資家による打診買いや値頃感から買いを集め、一時的に上昇した可能性が高く、売りシグナルとされています。

天井打ち後、下落波動を描き始めた相場においては、このような一時的な戻しはよくあり、依然強い売り圧力によって相場は下落へと加速していきます。

連続タスキ(下落) 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL