下位の陽線五本

wiki

下降相場の底値圏で図左から二本目以降五本連続で陽線が出現した形を下位の陽線五本と言います。売り圧力は強いものの、買いの勢力がじわじわと増え始め、上昇に転じる前兆として、買いのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 上昇相場初期 買いシグナル 】

下落相場の安値圏に陽線が5本出現した状態。

投資家心理としては、長く続いた下落相場の中、投資対象としてはずれていた銘柄に、突如五本の陽線が出現します。

基本は「赤三兵」と同じで、一部の投資家による打診買い、もしくは情報を先取りした投資家による注文なのか、多くの投資家が上抜けの原因が明確にわからず、様子をみている状態ですが、「押し目買いに押し目なし」と言われるように、一度上放れて上昇を継続し始めると、上昇前の水準を大きく上回って一気に上昇することがあり、基本的には買いシグナルとされています。

安値圏の持ち合い相場を上抜けたあたりで、打診買いを入れ試してみると、その後の相場にも乗りやすくなります。

下位の陽線五本 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL