抱き陽線

wiki

下降相場で陰線の後、図右から二番目の足のように、マドを開けて始まり、終値は前日の陰線を抱き込む形で大陽線がでたものを抱き陽線と言います。よく出現する下降相場の最終局面と考えられ、買いのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 底入れ暗示 買いシグナル 】

下落相場で小陰線の翌日大きく下に窓を開けて始まり大陽線を付け、前日の小陰線をすっぽり覆いつくした状態。

投資家心理としては、下落相場が続き失望感から買い建て玉を減らしてきた中、突然の大きな大陽線に安堵感が広がります。

比較的シンプルな足組で、じっくり下げてきた下落相場の中、好材料などで一気に反発した状態なので、新規の買い注文が入りやすいと言えそうです。

特に相場の安値圏で出現した場合は、上昇相場への転換を暗示させます。

抱き陽線 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL