明けの明星

wiki

長い下降相場で、下にマドを開けて始まり、短線で終わった足のことを言います。その際、出来高が大きいことが条件となります。明けの明星が出た次の日、陽線が出れば買いのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 底入れ暗示 買いシグナル 】

下落相場で、窓を開けて下に「陽のコマ」または「陰のコマ」が出現し、翌、今度は上に窓を開けて陽線で始まった状態。

投資家心理としては、すでに下落相場が続く中、建て玉を投げ売った状態から、相場が急反発し、安堵感から次第に買い戻しが始まります。特にこのような状態は「セリング・クライマックス」の典型といえそうです。

ポイントはギャップダウンした後の「コマ」で、始値と終値に大きな開きがないことから、売りが一段落したことを暗示し、急反発へのパワーをため込んでいるものと考えられ、翌ギャップアップ後の陽線で次第に確信へと変わっていきます。

三手大陰線銘柄をスクリーニング

明けの明星 への1件のコメント

  1. ピンバック : 宵の明星 - 株システムトレードラボ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL