上げ三法

wiki

上昇相場の一時的な戻しの形で、図左から三本目の足のように高値で大陽線が出現し、その後三本の足を大陽線がはらむ形で(図左から三番目の大陽線の始値と終値の間に三本の陰線が入り込むこと)出現し、再び大陽線で、図左から三本目の足より高く終わった形を上げ三法と言います。陰線の三本目が図左から五本目の大陽線を下回ると売りのシグナルとなるので注意する必要があります。
みんなの株式 より抜粋)

【 上昇相場初期 買いシグナル 】

上昇相場で大陽線に続いて3連続の陰線が出現し、再度翌日3本の陰線一気に大陽線が上抜いた一連の足組。

投資家心理としては、大陽線が出現したにも関わらず3連続で陰線が続き、失望の色を隠せませんが、再び強い大陽線が出現したことで、自信をもって積極的に買い注文を入れていきます。

ゆっくり上昇を始めた上昇相場の初期段階で、何らかの材料によって大きな陽線を付けます。しかし早い段階での利食い注文などによって相場は調整を迎えますが、3本目の陰線でもなお、最初の大陽線の始値を下回らないことで、多くの投資家がその材料を上昇を続けるに値するものと認識し、押し目として強い買い圧力をため込んでいるものと考えられます。

そして3連続陰線の後に出現した大陽線が最初の陰線を大きく上抜けることによって、一気に相場は高値追いを続け相場は上昇し続けていくと考えられています。

上げ三法 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL