上げの三ツ星

wiki

上昇相場の途中に短線が三つ出現したものを上げの三ツ星と言います。三ツ星が出現後、最後の足の高値よりも上昇するようであれば、買いのシグナルとされています。
みんなの株式 より抜粋)

【 上昇相場初期 買いシグナル 】

上昇相場において短い陽線・短い陰線が3つ連続して出現した状態を、「上げの三ツ星」といいます。

投資家心理としては、上昇相場が一服し、これ以上上昇するのか、はたまた下げに転ずるのか、買いと売りが拮抗する状態から3つの短い足をつけます。

投機筋などの打診売りや利食いなどから、売りかぶせが上値を重くしていますが、なんらかの好材料などから再び上抜けてくれば、買い増し注文などが集まり、相場は再び上昇トレンドに入っていきます。

上げの三ツ星 銘柄をスクリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL