イザナミの新機能「相関情報機能」が使われたスウェルインパクト(L)が発売!

イザナミVer.2.1から追加された新機能「相関情報」を使った戦略が早くも登場しました!

その名もスウェルインパクト(L)。「スウェル=うねり」という意味だそうですが、説明文を見ると、なんと相関情報(株価チャートの波形からシグナルを抽出)のみの仕掛けで、いっさいのテクニカル指標を使っていないそうです!

私もこの「相関情報」、いろいろと触っみていますが、正直「相関情報」だけで戦略を組むのはかなり難しいと思っていました(^^;

スイングキュルシステムも買おうか迷っていましたが、こちらの戦略もかなり気になる・・・。

以下抜粋

スウェルインパクト(L)について

========================================================
★今なら3ヶ月フォワードテスト期間割引キャンペーン中!
——————————————————–
2012年7月末までの期間限定で、
スウェルインパクト(L)を定価49,800円から3,000円OFFの46,800円にてご提供いたします!
こ希望の方はこの機会に是非お申し込みください。
========================================================
★さらにスウェルインパクト(S)と両方ご購入の方に、もれなく複数売買ルールファイルをプレゼント!

——————————————————–
スウェルインパクト(L)と対をなす、スウェルインパクト(S)と両方ご購入の方に、
イザナミVer.2の新機能「複数売買ルール」を使用した、スウェルインパクトL&Sシステムの設定ファイルをお送りします。
また、最適分散投資ファイルも100万、150万、200万、300万、500万の各種を同梱いたします。
========================================================

スウェルインパクト(L)はイザナミVer 2.1の新機能「相関情報」を使った、今までの戦略とは一線を画す新しいタイプの買い戦略です。

【イザナミ新機能「相関情報」とは?】

「ユーザー自身がデザインした波形と、現在の株価の類似率(相関値)を調べ、類似率が高ければ仕掛ける等の条件判定が作成できます。」

とイザナミの説明文にもあるとおり、実際に仕掛けるタイミングの「波形」を描き、その類似率(相関値)を基にシグナルを抽出しています。

「相関情報」は非常に直観的な部分が多く、同じイメージの波形でもピンの数や配置の仕方によって、抽出されるシグナルの数や銘柄に大きく影響します。

よって、描くユーザーやイメージする波形によって戦略の幅は無限大に広がりますので、SYSTEM SNOWとしましても非常におもしろい機能だと思っています。

そこで、今後イザナミの新機能「相関情報」を使った戦略開発をされる方のためにも、是非この機能の可能性を感じてもらうために、スタッフ一同総動員でバックテストを重ね、いち早くイザナミ公認戦略としてリリースさせていただきました。

【仕掛け条件にテクニカル指標を使わない「相関情報」のみのニュータイプ戦略!】

スウェルインパクト(L)最大の特徴は「相関情報」を最大限に活かした戦略であることを目指し、イザナミで提供されているテクニカル指標を一切使っていません。

【トレード毎勝率63.56%、期待値5,505円(1.74%)の高勝率・高期待値戦略!】

波形のデザインは非常に簡単にできる一方で、ピンの配置の微妙なカスタマイズで、抽出されるシグナルに大きく影響します。

気の遠くなるような数のバックテストを重ねることで、高勝率・高期待値で戦える波形(うねり=Swell)を作り出すことに成功しました!

【バックテスト段階での豊富なシグナルによって、カーブフィッティング(過剰最適化)を最大限に抑制】

高勝率・高期待値戦略を追い求めると、カーブフィッティングのリスクを伴いますが、スウェルインパクト(L)はバックテスト段階でのシグナル数が20万回以上あり、過剰最適化の可能性を最大限に抑制しています。

【難しい相場の2011年はもちろん、今年の上昇&下落相場にもしっかり対応!】

買い戦略には厳しかった2011年~2012年の相場においても安定して利益を確保!

特に直近2012年4月~5月の下落相場においては+15万以上と、買い戦略の中では非常に健闘しています!

【レバレッジなし・シグナル数フィルターなしで、初心者にも優しくハイスペックのスイングトレード買い戦略】

通常「最適分散投資」での「シグナル数フィルター」は、少なければ少ないほど開発の難易度が高く、「使用しない」のがもっとも良いとされています。
スウェルインパクト(L)では、レバレッジ・シグナル数フィルターを使用せず、買い戦略単体としても運用が可能です。

【分散投資を考慮した超安全設計!】

常に1~3銘柄程度に分散して仕掛ける安全設計です。

スウェルインパクト(L)の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL