4本値(四本値:しほんね)

wiki

1日の中で株式や債券の取引が成立した価格帯のうち始値、終値、高値、安値の4つの価格のこと。通常は1日の間で取引が成立する価格には幅がある。「始値」とは、その日の取引開始時についた価格のこと。「終値」とは、その日における最後の取引値のこと。「高値」とは、その日の取引内で最も高い値段のこと。「安値」とは、その日の取引内で最も安い値段のことを、それぞれ指す。この四本値が一目でわかるように作られたグラフが「ローソク足」で、代表的な株価チャートのひとつである。
(以上 マネー用語辞典 より抜粋)

四本値とローソク足

ローソク足は4本値(始値・終値・高値・安値)を、その名のとおり、ローソクのような形で構成したチャートをいいます。

終値が始値より大きく、白抜きで表現されたものを「陽線」。逆に終値が始値よりも小さく、黒塗りで表現されたものを「陰線」といいます。

また、四角より上に飛び出た線を「上髭」、逆に下に飛び出た線を「下髭」といいます。

イザナミ設定例

「終値」が「○○よりも大きい」など単体で使われることが多いと思いますが、「4本値計算系」では4本値を使った各種設定が可能です。

例えば、陽線の場合「終値→高値(率)」は「上髭」の長さを「%」で表すことができます。「%」の他にも「円」や「Tick」で記述することも可能です。

>> イザナミテクニカル辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL