MACD

MACD(Moving Average Convergence and Divergence)移動平均収束発散法。MACD(マックディー又はエムエーシーディ)は、RSIなどと同様にオシレーター系(相場の勢いを捉え分析)の指標で、期間の異なる2つの指数平滑平均 (EMA1、EMA2)から算出。そして、MACDを移動平均したシグナル(SIG)を用いて売買のサインとする。一般的には、MACDがシグナルを下か ら上抜いた地点を買いサインとし、逆に下抜いたら売りサインと判断する。また、MACD単独で、±0ラインと比較したり、株価の方向と比較したりする手法 も用いられることもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL